FMT 脳機能回復促進音楽療法 セミナー(2)

スウェーデンの

FMT脳機能回復促進音楽療法

講演会

2007年4月29日に聖路加看護大学で「FMT脳機能回復促進音楽療法」の講演会が開かれました(主催:(財)ライフ・プランニング・センター、後援:日瑞音楽留学基金、在日スウェーデン大使館)。それについてのレポートは、音楽雑誌「The ミュージック・セラピー」(Vol.11、音楽之友社)のMT便り欄に乗っています。

また、ぜひこのメソッドを紹介するDVDブック「スウェーデンのFMT脳機能回復促進音楽療法」(加勢園子、ステファン・パップ共著、日野原重明推薦、春秋社刊、2007年4月20日発行)をぜひお読みください。FMTの構造と特徴、使われる音楽や楽器、対象となる障害カテゴリー、FMTの基準などが詳しく紹介されています。尚、この本は、天皇皇后両陛下にも御訪瑞の際に献呈されました。

スウェーデンの

FMT脳機能回復促進音楽療法

(2007年7月20日発行・春秋社)

加勢園子、ステファン・パップ共著

日野原重明氏推薦 (日本音楽両方学会理事長、聖路加国際病院名誉院長)

FMT 脳機能回復促進音楽療法 セミナー

 

 

 

スウェーデンの

FMT 脳機能回復促進音楽療法

日時 2007 年 4月 29日 (日 ) 10:00~ 16:30

会場 聖路加看護大学 アリス・セントジョン・メモリアルホール

会費 8,000 円 (LPC会員 5,000円)

スウェーデンの音楽療法士の3分の2が用いているFMTメソッド

その理論と実践を紹介する貴重なセッション

福祉と人権の国とも言われるスウェーデンで生まれたユニークな音楽療法、FMT=脳機能回復促進音楽療法は、 1970年代にラッセ・イェルム氏によって開発された療法で、スウェーデンでは広く学校や医療機関で用いられています。このメソッドは、即興性や創造性を重んじる音楽療法とは異なる、独特の特徴をもっています。 セラピスト(アコースティック・ピアノ)とクライアント(打楽器)の 1対1で行なわれ、 音楽の振動や神経筋肉的な動作を通して脳に働きかけ、機能の回復をはかるという 、感覚運動的な療法です。本セッションは、イェルム氏の主宰するウップサラ音楽療法研究所から充実した講師陣を招き、FMTの理論と実践の具体例を紹介する、本邦初の本格的なセッションです 。

講 師 アニータ・グランベルイ

(カー ルスタード総合大学所属インゲスンド音楽大学音楽療法学科主任) 加勢 園子

(日端音楽留学基金理事長、ストックホルム・エステルマルム音楽アカデミー院長) 日野原重明

( 聖路加国際病院理事長、〔財〕ライフ・プランニング・センター理事長) 吉井 文均

(東海大学医学部神経内科教授)通 訳小林 文

( ウップサラ音楽療法研究所 学生)対象者音楽療法士・医療関係者・看護職者・介護職者・福祉職者・(音楽)教育関係者主 催( 財 ) ライフ・プランニング・センター後 援スウェーデン大使館

日瑞音楽留学基金

予定プログラム

10:00~10:30 加勢園子

スウェーデンにおけるFMT脳機能回復促進音楽療法――

そのバックグラウンドと、FMTセラピストの活動の場

10:30~10:50 日野原 重明

音楽は私たちのどこに働きかけるのか

10:50~11:45 吉井文均

脳機能の活性化に果たす音楽の役割

11:45~13:00  昼食

13:00~14:30  アニータ・グランベルイ

FMTの目指すもの――その理論的な基盤とメソッドの概要

14:30~14:45  休憩

14:45~16:30  アニータ・グランベルイ

FMTの実践――事例の紹介および楽器を用いた模擬セッション

講師紹介

アニータ・グランベルイ ( Anita Granberg )

教育家、FMT セラピスト。 イェルム氏がウップサラ音楽療法研究所でFMTセラピスト養成を始めた 1987年、第1期生としてFMTを学び始める。 2004年に 王立ストックホルム音楽大学で音楽教育学の博士号を取得(音楽療法 専攻)。スウェーデンで唯一の音楽療法の分野での博士号取得者である。カールスタード総合大学所属インゲスンド音楽大学音楽療法学科主任

加勢 園子 (Sonoko Kase)

ピアニスト、ピアノ教育者。スウェーデン在住。

日瑞音楽留学基金理事長、ストックホルム・エステルマルム音楽アカデミー院長

著書『ピアノはうたう』全3巻、『DVDブック スウェーデンのFMT脳機能回復促進音楽療法』(FMTセラピスト、ステファン・パップとの共著)

 

日野原 重明 ( Shigeaki Hinohara )

聖路加国際病院理事長、 (財 )ライフ・プランニング・センター理事長、日本音楽療法学会会長

 

吉井 文均 ( Fumihito Yoshii )

東海大学医学部神経内科教授。 特にパーキンソン病等の神経変性疾患などに関する研究を中心に行なっている。著書『脳神経疾患の診かたABC』(共著)など多数。「神経難病の音楽療法を考える会」世話人

 

FMT脳機能回復促進音楽療法とは?

FMT脳機能回復促進音楽療法は、治療中は言葉をまったく交わさず、ラッセ・イェルム氏が考案した〈コード・システム〉と呼ばれる音楽を用いて、ピアノと打楽器によって展開される音楽療法です。

セラピストは原則的に、言葉やアイ・コンタクトによる指示は行ないません。ピアノによる〈コード〉演奏によって、クライエントのなかに自発的な欲求・動機を起こさせるように導きます。クライアントはその欲求にしたがって打楽器を打ち、セラピストは、そのセッションの目標や、クライエントの状態に応じて、21種類ある〈コード〉のうちどれを選択するか、打楽器の種類や配置をどうするかを判断し、セッションの流れのなかで、次々に変化させていきます。

FMTは、アコースティックな(電気的処理をしない)楽器によって生み出される音の振動や、打楽器を打つという動作(筋肉神経的な動作)を通して、クライアントの脳に刺激を送り、脳機能の回復をはかるという、ユニークな療法です。

FMTセラピスト養成コースで指導をする

ラッセ・イェルム氏

§ FMTの対象者

カテゴリー1)非常に重い障害: 出生時損傷、筋肉の病気、事故による障害、脳梗塞など
カテゴリー2) 重い障害: 自閉症、精神科疾患、アルツハイマー病など
カテゴリー3) 能力障害: DAMP、ADHD、ADD、読み書き困難、集中困難、 アスペルガー症候群、ストレス性疾患など
カテゴリー4) 健康の維持・増進: 頭痛の軽減、ストレス解消など

§ FMTの現在

現在、FMTセラピストとして認定された音楽療法士は 200人以上おり、ロンドン、ハンブルク、ベルリン、ブリュッセル、シンガポール、韓国、チェコスロヴァキアなど、世界各地で活動しています。スウェーデン国内のFMTセラピストはさまざまな場で活躍していますが、そのうちの 75%が学校関係、残り 25%が医療機関です。

FMTを学ぶ場としては、ウップサラ音楽療法研究所など3つの教育機関がFMTセラピスト養成コースを開設しています。ウップサラ音楽療法研究所では、日瑞音楽留学基金によって、日本人のために、授業の理解や論文執筆のためのサポートが提供されています。

日瑞音楽留学基金 (Sweden-Japan Music Study Foundation)

http://www.sjmf.org/ tel/fax : +46 8-856036 e-mail: mail@sjmf.org

 

参加要項

● 定 員: 300名 ( 定員になり次第締め切ります)

● LPC ( ライフ・プランニング・センター ) 会員5,000円・非会員8,000円

① 電話かFAXで参加希望を連絡の上(定員以内か確認の上),参加費を郵便振込みにてお支払い下さい。

② 郵便局の払込取り扱い票に下記の事項を必ず記入して下さい。

*ご依頼人欄に〒番号,住所,氏名,電話番号

*通信欄に 音楽療法参加希望・職業・所属施設(学校・機関・部署・グループ)名,会員番号(LPC会員の方)をご記入下さい。

申し込みの際,ご提出いただいた個人情報は本会の運営に利用させていただきます。

また,その管理は財団の情報管理取り決めに従い,慎重に行ないます。

郵便払込先(払込料各自負担)

郵便口座番号 00150-7-185081

加入者名 (財)ライフ・ プランニング・ センター

*ご入金いただいた参加費は返金できません 。

*連絡先

TEL 03(3265)1907  FAX 03(3265)1909

(財)ライフ・プランニング・センター

〒 102-0093  東京都千代田区平河町 2-7-5  砂防会館 5 階

お電話での問い合わせは月~金  9:00~ 17:30 ( 土,日,祝祭日は休み )

会 場:

聖路加看護大学アリス・セント・ジョン・メモリアルホール

東京都中央区明石町 1-10

● 交 通:地下鉄/日比谷線・築地駅下車徒歩3分

有楽町線・新富町駅下車徒歩5分

● 同時通訳 : 当日受付にて,イヤホーンとレシー バーの貸出しを行ないます。

退場の折には必ずご返却下さい。

●  飲食関係 : ホール内での飲食はできません。

付近に飲食施設がございます 。

Jubileum Concert 06/11/25

sjmflogo.jpg

 

5 Years

Jubileum Concert

Date: November 25 2006

Time: 16.00

       Place : Nybrokajen 11, Stockholm(Former Music Academy Big Hall)

sthlm.gif

With the French-Armenian pianist

Svetlana Navassardian

who made a sensation with her interpretations of Beethoven, Schubert, Chopin.

Schubert: 6 Moments musicaux

 

Beethoven: Sonat ciss moll op.27 no.2 (Månsken)

…………………………..

Chopin: Polonaise ciss moll op.26 no.1

2 Nocturner(Ess dur, B dur)

Polonaise Ass dur

5 Mazurkor

 

Nobuo Terahara: Romance (with reservation for change)

The concert will begin with an introduction by talented young musicians presented by SJMF

Violin Tomomi Shimizu , Hugo Ticciati    Piano James Duddle

Tickets : Nybrokajen 11, tel 08-407 17 00 Organizers Stiftelsen Sweden-Japan Music Study Fondation
Adults 165kr:- Students 135kr:- Östermalms Enskilda Musikskola
Under the auspices of Embassy of Japan in Sweden

Svensk-Japanska Sällskapet

2006年11月25日コンサート

sjmflogo.jpg

 

設立5周年

記念コンサート

日時 : 2006年11月25日16.00

       会場 : Nybrokajen 11 ストックホルム(旧音楽アカデミー大ホール)

sthlm.gif

ベートーベン、シューベルト、ショパンの解釈にセンセーションを巻き起こした

フランスからの特別招聘ピアニスト

Svetlana Navassardian ,

Schubert: 6 Moments musicaux

 

Beethoven: Sonat ciss moll op.27 no.2 (Månsken)

…………………………..

Chopin: Polonaise ciss moll op.26 no.1

2 Nocturner(Ess dur, B dur)

Polonaise Ass dur

5 Mazurkor

 

Nobuo Terahara: Romance med reservation för ändring

コンサートの始めには将来性のある若手ミュージシャン三名を紹介します

バイオリン 清水智美 , Hugo Ticciati    ピアノ James Duddle

切符 : Nybrokajen 11, tel 08-407 17 00 共催 日瑞音楽留学基金
大人 165kr:- 学生 135kr:- ストックホルムエステルマルム音 楽アカデミー
後援 在瑞日本大使館
スウェーデン瑞日協会

TSiS – 大都市のサウンド・音の万華鏡 2004

大都市のサウンド

音楽の万華鏡

場所 : ストックホルム民族博物館

日時 : 2004年 8月 7日 ( 土 )

12:30-13:30

15:30-16:30

日瑞音楽留学基金は、日本とスウェーデンの音楽文化交流に力を注いでいます。日本は経済大国だけでなく、海外と影響を与え合うユニークな文化を持っています。今回、2回催されるコンサートでは、民謡から JPOPまで、東京の都市文化を象徴する色々な種類の音楽を紹介します。

東洋の大都市のサウンドを音楽の万華鏡を満喫して下さい。

 

プログラム :

日本の民謡と芸術音楽

ヘレーン・メリーン

Heléne Melin

さそり節

朝草刈唄

なにゃとやら

間宮芳生

西洋から影響を受けた日本の歌

ヘレーン・メリーン Heléne Melin

荒城の月

ひなまつり

河村光陽

ジャパニーズ フォーク ポップ

ヨシキ・フルカワ

(Yoshiki Furukawa)

Message from the Ancient City

古川 嘉生

日本のジャズ

ケイコ&ホーカン

Keiko & Håkan

自作

演歌

ノリオ・トリモト

Norio Torimoto

長良川艶歌

岡千秋

平成音頭

ハラ・ジョージ

JPOP ・アニメミュージック

テレース・エングストロム

(Therese Engström)

上を向いて

坂本九

Sincerely  ヒカルの碁より

Dream

ピアノ – ソノコ・カセ Sonoko Kase

主催 :

日瑞音楽留学基金

ストックホルム民族博物館

国際文化センター

TSiS – Klanger av en Storstad

Tokyo

– Klanger av en Storstad –

Ett Musikaliskt Kaleidoskop

Plats: Etnografiska Muséet

Datum: Lördagen den 7 augusti 2004

Tid: 12:30-13:30

15:30-16:30

Japan är inte bara en ekonomisk stormakt, utan också ett land med enastående kultur, som både ger och tar emot influenser. I dessa två föreställningar presenteras ett axplock ur de musikstilar som utgör Tokyos musikkultur, från folkmusik till modern ungdomspop. Urvalet är långtifrån heltäckande, snarare återspeglar det en personlig upplevelse av staden Tokyo genom dess musikaliska miljö.

Kom och se klanger av en storstad, och välkommen att lyssna på ett musikaliskt kaleidoskop!

I Programmet:

Japansk folk- och konstmusik – Heléne Melin

Satoribushi

Asakusakariuta

Nyanyatoyara

arr. Mamiya Michio

Västerländskt influerade sånger – Heléne Melin

Kojo no Tsuki

Hinamatsuri

av Koyo Kawamura

F olk-pop – Yoshiki Furukawa

Message from the Ancient City

av Yoshiki Furukawa

Japansk jazz – Keiko & Håkan

Egna verk

Enka – Norio Torimoto

Nagaragawa enka

av Chiaki Oka

Heisei ondo

av Joji Hara

JPop och Anime – Therese Engström

Ue o muite

av Sakamoto Kyu

Sincerely från Hikaru no Go

av Dream

piano – Sonoko Kase

Arrangör:

Stiftelsen Sweden-Japan Music Study Foundation

Etnografiska Museet

Studieförbundet Vuxenskolan

avd. Internationellt Kulturcentrum

Tokyo Style in Sweden – 音楽療法FMT-Metoden紹介・体験セミナー

スウェーデン独特の治療法紹介・体験セミナー

スウェーデンの自然で穏やかな環境で生まれた、スウェーデン独特の治療方が、ストックホルム ハッセルッデン・ヤスラギSpaで紹介されます。

将来性のあるスウェーデン独特の治療法の一つとして、脳機能回復音楽療法FMT-Metodenが紹介されます。

このセミナーに関連して、前スウェーデン大使婦人エヴァ・クムリーン氏によって、Tokyo Style Scholarshipが初めて紹介されます。このScholarshipは、Beauty Pollen Co.Ltd社及び日本全療法協会(Japan Total Therapy Association)によって設立され、日本全療法協会の資格を得た療法士を育て、全治療道場をスウェーデンに設立できるよう教育することです。

ハッセルッデン・ヤスラギでのセミナーは8月5日に行われます。

Tokyo Style Scholarshipは、8月6日10時30分に紹介されます。

Swedish Style in Tokyo 2003

当基金主催・後援の特別イヴェント

Swedish Style in Tokyo

2003

スウェーデン大使館が中心となってスウェーデンの文化を日本に紹介するプロジェクト Swedish Style in Tokyo が10月に催されました。当基金は、1週間に渡ってスウェーデンの音楽を一般の人に紹介し、スウェーデンの音楽文化の魅力をなるべく多くの日本の皆さんに知っていただきたいと思っています。

 

 

日にち イヴェント
10月7日 バイオリンコンサート「音の残像」―ストックホルムミュージックカレッジ
10月8日 オルガン ランチタイムコンサート-スウェーデン教会立エルスタシェーンダル大学
10月8日 スウェーデン 白夜の国の音楽療法
10月9日 スウェーデン 白夜の国の万華鏡 ―福祉国家の音楽事情―
10月10日 音楽療法フォーラム「スウェーデンの音楽と音楽療法」
10月10日 チャリティーコンサート「スウェーデンを聴く」
10月11―13日

音楽セミナー「スウェーデン 音の万華鏡」

 

10月7日

バイオリンコンサート「音の残像」―ストックホルムミュージックカレッジ

pm.6:00 プログラム バッハ、フランク、ルトスラフスキー、ケージ
  演奏 フーゴ ティッチアーティ Vn、マーク タトロー Pf
  会場 日本財団ホール(港区赤坂1-2-2、tel03-6229-5111)
  主催 日本財団
  後援 スウェーデン大使館、日瑞音楽留学基金
  協賛 スカンジナビア-ニッポン ササカワ財団
  入場無料  

 

10月8日

オルガン ランチタイムコンサート-スウェーデン教会立エルスタシェーンダル大学

12:30 演奏 ステファン・テルスタム
  会場 霊南坂教会(港区赤坂1-14-3、tel03-583-0403)
  主催 霊南坂教会
  後援 スウェーデン大使館、日瑞音楽留学基金
  協賛 スカンジナビア-ニッポン ササカワ財団
  入場無料  

 

10月8日

スウェーデン 白夜の国の音楽療法

Pm 2:00 プログラム 脳機能回復音楽療法の紹介とバイオリンコンサート
  講演 ステファン パップ(ウップサラ音楽療法研究所)
  演奏 フーゴ テイツチアーテイ Vn、マーク タトロー Pf(ストックホルムミュージックカレッジ)
  会場 江原音楽療法専門学校(埼玉県所沢市小手指町3-11-1、tel 042-948-0765)
  主催 江原音楽療法専門学校
  後援 スウェーデン大使館、日瑞音楽留学基金
  協賛 スカンジナビア-ニッポン ササカワ財団
  入場料 3000

 

109

スウェーデン 白夜の国の万華鏡 ―福祉国家の音楽事情―

pm. 4:30 プログラム 講演(スウェーデンと脳機能回復音楽療法)とコンサート(バイオリン、ボーカル・デュオ)
  講演 加勢園子(日瑞音楽留学基金)、ステファン パップ(ウップサラ音楽療法研究所)
  演奏 フーゴ テイツチアーテイVn、マーク タトローPf(ストックホルムミュージックカレッジ)、クロストークvocal(ストックホルム音楽コンセルヴァトアール)
  会場 上野学園大学・エオリアンホール(台東区東上野4―24―12、tel 3842―1021)
  主催 上野学園大学
  後援 スウェーデン大使館、日瑞音楽留学基金
  協賛 スカンジナビア-ニッポン ササカワ財団
  入場料 2000
  問い合わせ先 Musica Chiara 山崎 03-3984-3762

 

1010

音楽療法フォーラム「スウェーデンの音楽と音楽療法」

  プログラム 音楽療法の歴史と現状、スウェーデンの音楽文化とトーンクラスター(音塊)奏法
pm.1:30 講師 日野原重明(日本音楽療法学会理事長,全日本音楽療法連盟会長、聖路加国際病院理事長)

加勢園子(ピアニスト、日瑞音楽留学基金理事長)

  会場 音楽の友ホール(地下鉄東西線神楽坂駅より徒歩1分)
  主催 (財)ライフ・プランニング・センター(tel 3265-1907)
  後援 スウェーデン大使館、音楽の友社
     
  会費 2100

 

1010

チャリティーコンサート「スウェーデンを聴く」

pm. 6:00 プログラム コンサート(ボーカル・デュオ)
  演奏 クロストーク(ストックホルム音楽コンセルヴァトアール)
  会場 行田市教育センター「みらい」ホール(Tel048-557-0999
  主催 スターダスト・H・ネットワーク
  後援 スウェーデン大使館、日瑞音楽留学基金
  入場料 1500円

 

101113

音楽セミナー「スウェーデン 音の万華鏡」

am.10:00―pm.4:15 プログラム オルガン、声楽の個人レッスン、 オルガン、バイオリン、ボーカルデュオのコンサート、 スウェーデンの教会音楽やバロック時代の宮廷音楽についての講演
  講師 ステファン テルスタム(スウェーデン教会立エルスタシェーンダル大学)、マーク タトロー(ストックホルムミュージックカレッジ)
  演奏 ステファン テルスタム(スウェーデン教会立エルスタシェーンダル大学)、マーク タトロー(ストックホルムミュージックカレッジ)、クロストーク(ストックホルム音楽コンセルヴァトアール)
  会場 聖グレゴリオの家 宗教音楽研究所(東久留米市氷川台2―7―12)
  お問い合わせ tel0424-74-8915(平日am.10:00からpm.6:00まで)
  主催 日瑞音楽留学基金
  協賛 聖グレゴリオの家 宗教音楽研究所、スカンジナビア-ニッポン ササカワ財団
  後援 スウェーデン大使館
  受講料 22000円(3日間)

個人レッスンを希望しない人10000円(合唱は参加、聴講とも受講とする)